こんばんは。

赤鹿リョウです。

 

 

最近,Amazonプライムビデオを見ています。

 

そこで「ドキュメンタル」という、

松本人志が企画している番組があります。

 

 

 

ドキュメンタルとは,芸人10人が集まってお互いに笑わせ合います。

笑ってしまったら,そこで脱落です。

最後まで残った人が勝ちというゲームです。

 

 

 

ドキュメンタルのシーズン3で,

プラス・マイナスの岩橋という無名の芸人が出演します。

 

 

その人は、この場に出演することができて気持ちが高ぶっているのでしょう,

爪痕を残そうと何回もギャグをかますんです。

 

 

 

 

でも全然面白くありません。

 

それでも周りの空気を読まずに,

ひたすら他の人を笑わせようと頑張ります。

 

 

 

なんだかんだで最後になって,岩橋が渾身の仕掛けをします。

 

 

最後最後にした仕掛けがすごくおもしろかったんです。

 

 

はじめて彼で笑いました。

 

 

 

最後まで諦めずに仕掛け続けた彼はすごいですね。

 

 

 

 

 

 

赤鹿は今まで数々の失敗をしてきました。

 

 

 

不良在庫を大量に残してしまったり,

赤字商品を大量に作ってしまったり,

借金をしてしまったり。

セミナーも毎回大成功というわけではありませんでした。

 

 

 

 

プラス・マイナスの岩橋と同じです。

でも最近は,ようやくビジネスが波に乗りつつあります。

 

 

どうやったらビジネスで成功するのか!?

これまでのせどりの経験をして,

分かったことがあります。

 

 

 

「何回も打席に立つことです。」

 

 

 

 

ビジネスで成功する人は,

失敗を恐れずに,何回も打席に立ちます。

 

 

 

たとえ三振してしまったり,

周りから笑われたり,馬鹿にされたりしても,

何回も打席に立ちます。

そして常にフルスイングでバットを振り続けています。

 

 

 

必ずしも打率がいいとは限りません。

でも振り続けていれば,カスリはするでしょう。

 

 

 

それに対して普通のサラリーマンは,小手先の手を使って,

ちまちまと出世することばかり気にしています。

 

 

 

普通のサラリーマンがちまちまゴマをすっている間に,

ビジネスで成功する人は,ホームランを打ちます。

 

何回もあきらめずに,行動し続けること。

 

これがビジネスで成功するために,必要なことだと思います。

 

 

 

手先のテクニック等は,後から学べばいいです。

後からでも十分学べることができます。

 

 

 

 

バッドを振り続けていきましょう。

三振くらいであきらめちゃいけません。

 

 

人生が試合だとしたら,9回の裏までバットを振り続けてください。

 

 

やっていきましょう。