どうも。

最近,中古仕入にハマっている赤鹿リョウです。

もちろん電脳ですよ♪

 

電脳といえど穴場のストアを見つければ,利益率は高いです。

(といっても50%を超えるようなことはありませんが。)

 

中古せどりをやっていると,”あること”に困ります。

それは同じコンディションの商品を,大量購入したとき。

中古商品を販売する方としては,商品1つ1つSKUを作って販売したいですよね。

そうした方が「中古―良」の同じコンディションでも,傷の状態で区別することができます。

 

でもそれって実際にやっていいのか?

どうやって販売すればいいのか?

Amazonに聞いてみましたので,その結果を報告します。

 

 

同じコンディションで複数のSKU出品

例えば同じコンディションでSKUを2つ作成し,それぞれのSKUで商品を販売した場合。

テクニカルサポートに問い合わせた結果は下記のとおりです。

 

同じコンディションでSKUを複数出品することは規約違反。

 

これは,「新品」も「中古」も言えます。

ですから,「中古―良」の在庫が2つあった場合,「中古―良」のSKUを2つ作成して出品することはできません。

「中古―良」で出品できるのは,SKU1つまでです。

他に上手く出品できる方法はないのか?

では他の出品方法を見てみましょう。

 

コンディションを分けて出品する

例えば「中古―良」と,「中古―可」の商品が在庫にあった場合。

商品は同じであっても,コンディションを分けてSKUで出品した場合は,規約違反になりません。

つまり「中古―良」のSKU,「中古―可」のSKU,2つ出品しても大丈夫です。

 

あくまで,違うコンディションであれば大丈夫です。

ですから先ほどの例で言いますと,「中古―良」の商品が2つあった場合は,どちらかを「中古―可」に格下げして販売すれば良いです。

コンディションを上げる(盛る)ことはクレームやAmazonからの指摘の要因になりますが,コンディションを下げることであれば,なんの問題もありませんよね。

ただし,価格を下げなければ売れない可能性が出てきたり,利益率が落ちたりとデメリットも出てきます。

そこは上手に調整してください。

 

同じコンディションで複数出品する

1つのSKUであれば,「中古―良」の商品を2個出品することができます。

これは何の問題もありません。

 

ただし,商品説明文の書き方が難しくなりますよね。

2つの商品それぞれで商品説明文を書けないですから。

「Aは前面に目立つキズがあります。Bはキズは少ないですがアダプターが欠品しています。どっちが届くかは分かりません。」

というわけにもいきません。

 

ですから両方とも条件を満たす商品説明文にしなければいけませんね。

「前面に目立つキズがあり,アダプターが欠品している場合があります。

これが正解です。

 

時間差で出品する

SKUの商品説明文は,いつでも変更することができます。

1つのSKUでAの商品を出品し,Aが売れたらBを補充する。

すぐにSKUの商品説明文をB用にする。

 

こうすれば時間と手間はかかりますが,上手く出品することができます。

 

自己出荷とFBA出荷の併用は?

おまけでAmazonに聞いてみました。

同じ商品で同じコンディションのものを,自己出荷のSKU,FBAのSKUで同時に出品した場合はどうなりますか?

答えは「同じコンディションでSKUを販売できないので,規約違反です。」とのことでした。

 

今まで書いてきたことは,自己出荷やFBAに限らず適用するということです。

これは新品でも中古でも言えますよ。

 

在庫管理に同じ商品でSKUが複数あるんだけど、、

リピート商品を扱っているとき,自分の在庫管理を見ると,同じ商品だけど新しくSKUを作成してしまったことはありませんか?

過去のSKUを削除するのが面倒くさくて,SKUを大量生産することはよくありますよね。

その場合は規約違反になるのか?

Amazonの回答はこうです。

 

出品しているSKUが1つであれば規約違反になりません。

 

つまり過去のSKUがどれだけあろうと,現在出品しているSKUが1つだけであれば,何ら問題ないということです。

まあしかし,SKUを統一しておくことで商品の売れ行きとかが把握できるので,できるだけSKUは1つで運用した方が良いでしょう。

 

ルールを守って出品しよう!

Amazonさんは,規約違反したセラーは問答無用で切り捨ててきます。

「知らなった」では済まさないのがAmazon流です。

 

今一度,出品ルールやコンディションガイドラインをみて,適正に商品を出品していきましょう!!