こんにちは!
赤鹿リョウです。

 

 

この前,東京で電脳せどりの勉強会をしにいってきました。

 

昼間は,がっつり勉強会。

そして夜は懇親会。

そして懇親会の後は,

 

ナンパを教えてもらいました(笑)

 

しかも

 

超絶ナンパ師の方にです!

 

 

 

 

 クリックされるとモチベーションアップに繋がります。

応援よろしくお願いいたします!!

   にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
せどり ブログランキングへ  にほんブログ村

 

 

過去にナンパをしたことは,

あるにはありますよ。

でも数えるきりですよ?(笑)

 

ちなみに今回,私にナンパを教えてくれた

超絶ナンパ師は,

「俺に連れ出せない女はいない。」

とのこと。

しかも今回は

そんな彼がナンパをしている様子を見させてくれるとのこと。

 

スタスタっと女性に近寄り,

気さくに女性に声をかけるナンパ師。

 

楽しそうに会話を始めました。

 

 

女性の方も立ち止まって会話をしています。

 

 

 

まじか…

これこのまま持ってくんじゃないか。

 

 

 

そう思っていたら,楽しそうに手を振って

戻ってきました。

 

 

 

ナンパ師

「今の子は行けたね!

さあ次は赤鹿くんの番だよ。」

 

 

 

私にナンパを教えてもらうために戻ってきてくれたんですね。先輩。

ありがたいです。。一人にならずに済みました。

そのナンパ師はけっこう簡単そうに,女性とお話ししていたので,

なんか自分にもできるんじゃないかと思ってきました。

 

 

 

しかしやり方が分かりませんから,

ナンパ師から「技」を教えてもらいました。

それは

絶対に連れ出せるという

「決まりフレーズ」

ナンパをする上で大事な

「立ち位置の間合い」

 

それだけ教えていただき,私も挑戦しました。

 

 

 

しかし声をかけるときって,

かなり緊張します。

ただでさえ上がり症なのに。。

 

 

でももうここまで来たら行っちゃえ!

地元じゃないからどうにでもなれ!

 

 

そんな感じで女性に声をかけました。

声をかけるときに緊張して

 

「こ、こんばんはっ」

 

みたいな感じだったと思います。。。

 

 

女性「。。。。」

 

 

 

 

はい,ガン無視~。

 

 

 

 

 

ですよね~。

そんなに簡単に行けないですよね~。

 

ナンパ師

「違う違う,もっとこんな感じだって~」

 

なるほど。

「立ち位置の間合い」

が近すぎたのか。

よし,次は立ち位置に気を付けていくぞ!

 

 

 

次の女性、、、

 

 

はい、ガン無視~。

 

 

そしての次の女性も、、、

 

 

さすがにこんなに女性に振られると,

心が折れます。

今までの私の人生で,

一番女性にフラれた日だったのではないでしょうか。

 

 

 

ナンパってこんなに難しいんだ。

東京は世知辛いな。

 

 

 

ナンパ師

「そんなんでめげちゃダメだって。

気にしちゃだめだよ。マインドだよマインド。」

 

 

 

ナンパをする人って

なんて強靭なハートの持ち主なんだろう。

 

 

 

もうこれだけフラれれば,何人にフラれても変わんないんや。

どうにでもなれ。

 

 

っていう気持ちで,

次々と女性に声をかけていきました。

 

 

 

すると最初は緊張しながら声をかけていたのですが,

 

段々と小慣れ始めました。

 

 

言葉がスムーズにでてくるようになり,

お茶らけた感じで話すことができ始めました

 

 

 

そうすると最初はガン無視だった女性たちが,

 

返事をしてくれたり,

会話ができ始めたり,

立ち止まって会話ができるようにもなれました!!

(残念ながら,一緒にご飯に行くことはできませんでしたが。。)

 

 

この1日で,ナンパの仕方を学ぶことができたんです。

大人の階段を一つ登った感じです。

 

 

女性を連れ出すことはできませんでしたが,

ナンパの技術を持ち帰ることができました。

この技術は一生使えるものです。(元気な限り)

次は一緒に,ごはんに行けるように頑張ります。

 

 

ナンパから何が学ぶことができたのか。

こちらの記事でまとめました。

どうぞご覧ください。

ナンパから得られたもの。

 

PS.

ちなみに赤鹿はその日の夜は,

東京に住んでいる妹の家に泊まりに行きましたが,

「遅かったね~。」

と言われて,

さすがに

「う、うん。」

としか言えませんでした。(笑)

家族の目を気にしない,強いマインドが欲しいです。(笑)